【生物基礎】生物の多様性と生態系|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物基礎の「生物の多様性と生態系」の分野の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

小単元ごとに学習したい場合はこちらから学習できます。

 ①植生と遷移

 ②バイオーム

 ③生態系とその保全

100問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/100

生物の多様性と生態系(100問)

1 / 100

寒さの厳しい亜寒帯地域で見られ,耐寒性の強い常緑針葉樹が優占するバイオーム

2 / 100

撹乱の規模が小さいとき,時間をかけて生態系が撹乱を受ける前の状態に戻り,バランスが保たれること

3 / 100

森林の階層構造が最もよく発達する気候は?

4 / 100

植物や藻類などのように,無機物から有機物を作る独立栄養生物

5 / 100

次のうち,特定外来生物ではないものは?

6 / 100

富栄養化の結果,水面が赤褐色になる現象

7 / 100

遷移の初期段階に見られる種

8 / 100

植生のなかで,個体数が多く,占有する生活空間が最も大きい種

9 / 100

それ以上光を強くしても,光合成速度が変化しなくなるときの光の強さ

10 / 100

岩石が風化して細かい粒状になった砂や泥などに,植物の落葉などの分解によって生じた有機物が混入したもの

11 / 100

湖沼などから始まる遷移

12 / 100

遷移が進み,構成種に大きな変化が見られなくなった状態

13 / 100

バイオームと気候の関係を示すグラフの横軸は何か。

14 / 100

弱い光の場所に生育する植物

15 / 100

熱帯や亜熱帯で季節によって降水量が大きく変動する地域に見られる,雨季に葉をつけ,乾季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

16 / 100

緯度の違いに伴うバイオームの分布

17 / 100

北海道西南部〜本州東北部に見られるバイオーム

18 / 100

見かけの光合成速度が0になるときの光の強さ

19 / 100

生育する植物の個体数や種類が少なく,草本や高さの低い木本がまばらに生育する植生

20 / 100

Fのバイオームは何か?

21 / 100

Dのバイオームは何か?

22 / 100

生態系で食物網の上位にあって,他の生物に大きな影響を与える種

23 / 100

生態系において,生産者を出発点とする食物連鎖の各段階(生産者・一次消費者・二次消費者など)

24 / 100

次のうち,葉の面積が小さく,厚みのある葉

25 / 100

日当たりの良い場所に生育する植物

26 / 100

陸上で始まる遷移

27 / 100

ある地域の植生が長い年月の間に変化していくこと

28 / 100

次の中で,光の強さが最も弱いのは?

29 / 100

光の強さが最も強いのは?

30 / 100

植物の生活が依存している環境に対し,適応によって植物に反映された生育様式

31 / 100

Bのバイオームは何か?

32 / 100

ある地域に生息する生物の集団とそれらを取り巻く環境をひとつのまとまりとしてとらえたもの

33 / 100

2種間の相互作用が2種以外の生物の生活に影響を与えること

34 / 100

温帯と亜寒帯のうち,年降水量が少ない地域で見られ,樹木がほとんど生育しない草原のバイオーム

35 / 100

九州南部〜沖縄に見られるバイオーム

36 / 100

山火事の後など,既に土壌が存在している状態から始まる遷移

37 / 100

絶滅のおそれのある野生生物に関する保全状況や分布、生態、影響を与えている要因等の情報を記載した図書

38 / 100

光合成速度と呼吸速度が等しくなるときの光の強さ

39 / 100

もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物

40 / 100

富栄養化の結果,水面が青緑色になる現象

41 / 100

湖沼や海などにおいて,栄養塩類が蓄積し,その濃度が高くなる現象

42 / 100

植生の外観上の様相

43 / 100

絶滅のおそれのある生物について,その危険性の度合いを判定して分類したもの

44 / 100

大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行うこと

45 / 100

希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約

46 / 100

標高の違いに応じたバイオームの分布

47 / 100

ある地域に生育する植物の集まりのこと

48 / 100

食物連鎖が複雑な網目状の関係になっていること

49 / 100

温帯の中でも比較的暖かい地域で見られ,クチクラ層が発達した硬くて光沢の葉を持つ常緑広葉樹が優占するバイオーム

50 / 100

温帯の中でも比較的寒い地域で見られ,冬季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

51 / 100

さまざまな原因によって絶滅のおそれがある生物

52 / 100

月平均気温が5℃を超える月において,月平均気温から5をひき,その値を1年間合計して求めた値

53 / 100

関東〜本州西南部に見られるバイオーム

54 / 100

Aのバイオームは?

55 / 100

ある種の化学物質が生態系での食物連鎖を経て生物体内に濃縮されていく現象

56 / 100

Hのバイオームは何か?

57 / 100

裸地の特徴として誤っているもの

58 / 100

見かけの光合成速度を求める式

59 / 100

次のうち,葉の面積が大きく,厚みが薄い葉

60 / 100

Iのバイオームは何か?

61 / 100

動物などのように,外界から有機物を取り入れ,それを利用して生活している従属栄養生物

62 / 100

生産者が生育できる強さの光が届く下限の深さ

63 / 100

自然界における生物が、食う食われるの関係で鎖状につながっていること

64 / 100

生物の遺骸や排出物などが土壌生物などによって分解されてできた有機物

65 / 100

年間を通して高温多雨な地域で,多種多様な植物が生育するバイオーム

66 / 100

地中海沿岸地方などの,降水量が夏は少なく,冬は比較的多い地域でみられる。葉が小さく,乾燥に強い植物が優占するバイオーム

67 / 100

Jのバイオームは何か?

68 / 100

Gのバイオームは何か?

69 / 100

次のうち,温室効果ガスではないものは?

70 / 100

熱帯で,年降水量が少ない地域で見られる,樹木がまばらに生育する草原のバイオーム

71 / 100

落葉や遺骸などからはじまつ食物連鎖

72 / 100

微生物によって有機物が無機物に分解され水中の汚染物質が減少すること

73 / 100

森林に見られる垂直方向の層状の構造

74 / 100

バイオームと気候の関係を示すグラフの縦軸は何か。

75 / 100

集落や人里に隣接した結果,人間の影響を受けた生態系が存在する山

76 / 100

次のうち,比較的短期間で遷移が進むのは?

77 / 100

Cのバイオームは何か?

78 / 100

光合成速度を求める式

79 / 100

植物や建築物などに覆われておらず、土がむきだしになっている土地

80 / 100

非生物的環境から生物への働きかけ

81 / 100

光合成速度から呼吸速度を引いた値

82 / 100

年降水量が200mmに達しない乾燥地域で見られる,荒原のバイオーム

83 / 100

高山において,低温などの条件で森林が成立できなくなる境界

84 / 100

ギャップが小さい場合,主にそのギャップを埋めるのは?

85 / 100

2015年の国連総会で採択された行動計画に記載されている,2030年までの国際目標。持続可能な世界の実現を目指すためのもの。

86 / 100

遷移の初期段階に見られる種

87 / 100

主に草本で構成され,一般には,地表の50%以上が草本に覆われている植生

88 / 100

森林の地表に近い部分

89 / 100

地域ごとに形成されている,その環境に適応した特徴ある生物の集団

90 / 100

外来種の中で、地域の自然環境に大きな影響を与え、生物多様性を脅かすおそれのあるもの

91 / 100

遷移が進むにつれて,地表面に届く光の強さは

92 / 100

森林において、太陽光線を直接に受ける高木の枝葉が茂る部分

93 / 100

樹木が密に生育する植生

94 / 100

生物から非生物的環境への働きかけ

95 / 100

林間が途切れた空間

96 / 100

年平均気温が-5℃以下となる寒帯地域で見られる,荒原のバイオーム

97 / 100

Eのバイオームは何か?

98 / 100

先駆種の例として誤っているもの

99 / 100

北海道東部に見られるバイオーム

100 / 100

裸地から始まる遷移

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

50問 演習モード

/50

生物の多様性と生態系(50問)

1 / 50

生産者が生育できる強さの光が届く下限の深さ

2 / 50

遷移が進み,構成種に大きな変化が見られなくなった状態

3 / 50

見かけの光合成速度を求める式

4 / 50

撹乱の規模が小さいとき,時間をかけて生態系が撹乱を受ける前の状態に戻り,バランスが保たれること

5 / 50

大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行うこと

6 / 50

生態系で食物網の上位にあって,他の生物に大きな影響を与える種

7 / 50

年間を通して高温多雨な地域で,多種多様な植物が生育するバイオーム

8 / 50

湖沼や海などにおいて,栄養塩類が蓄積し,その濃度が高くなる現象

9 / 50

森林の地表に近い部分

10 / 50

山火事の後など,既に土壌が存在している状態から始まる遷移

11 / 50

植生のなかで,個体数が多く,占有する生活空間が最も大きい種

12 / 50

富栄養化の結果,水面が赤褐色になる現象

13 / 50

関東〜本州西南部に見られるバイオーム

14 / 50

自然界における生物が、食う食われるの関係で鎖状につながっていること

15 / 50

北海道西南部〜本州東北部に見られるバイオーム

16 / 50

遷移の初期段階に見られる種

17 / 50

寒さの厳しい亜寒帯地域で見られ,耐寒性の強い常緑針葉樹が優占するバイオーム

18 / 50

Fのバイオームは何か?

19 / 50

高山において,低温などの条件で森林が成立できなくなる境界

20 / 50

Aのバイオームは?

21 / 50

バイオームと気候の関係を示すグラフの縦軸は何か。

22 / 50

地中海沿岸地方などの,降水量が夏は少なく,冬は比較的多い地域でみられる。葉が小さく,乾燥に強い植物が優占するバイオーム

23 / 50

さまざまな原因によって絶滅のおそれがある生物

24 / 50

微生物によって有機物が無機物に分解され水中の汚染物質が減少すること

25 / 50

それ以上光を強くしても,光合成速度が変化しなくなるときの光の強さ

26 / 50

2種間の相互作用が2種以外の生物の生活に影響を与えること

27 / 50

光合成速度を求める式

28 / 50

植物や藻類などのように,無機物から有機物を作る独立栄養生物

29 / 50

熱帯で,年降水量が少ない地域で見られる,樹木がまばらに生育する草原のバイオーム

30 / 50

生育する植物の個体数や種類が少なく,草本や高さの低い木本がまばらに生育する植生

31 / 50

Hのバイオームは何か?

32 / 50

次のうち,比較的短期間で遷移が進むのは?

33 / 50

落葉や遺骸などからはじまつ食物連鎖

34 / 50

年平均気温が-5℃以下となる寒帯地域で見られる,荒原のバイオーム

35 / 50

次のうち,葉の面積が大きく,厚みが薄い葉

36 / 50

岩石が風化して細かい粒状になった砂や泥などに,植物の落葉などの分解によって生じた有機物が混入したもの

37 / 50

温帯の中でも比較的暖かい地域で見られ,クチクラ層が発達した硬くて光沢の葉を持つ常緑広葉樹が優占するバイオーム

38 / 50

遷移の初期段階に見られる種

39 / 50

Gのバイオームは何か?

40 / 50

標高の違いに応じたバイオームの分布

41 / 50

熱帯や亜熱帯で季節によって降水量が大きく変動する地域に見られる,雨季に葉をつけ,乾季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

42 / 50

年降水量が200mmに達しない乾燥地域で見られる,荒原のバイオーム

43 / 50

絶滅のおそれのある生物について,その危険性の度合いを判定して分類したもの

44 / 50

植物の生活が依存している環境に対し,適応によって植物に反映された生育様式

45 / 50

動物などのように,外界から有機物を取り入れ,それを利用して生活している従属栄養生物

46 / 50

Eのバイオームは何か?

47 / 50

九州南部〜沖縄に見られるバイオーム

48 / 50

光の強さが最も強いのは?

49 / 50

北海道東部に見られるバイオーム

50 / 50

林間が途切れた空間

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

25問 演習モード

/25

生物の多様性と生態系(25問)

1 / 25

動物などのように,外界から有機物を取り入れ,それを利用して生活している従属栄養生物

2 / 25

森林の地表に近い部分

3 / 25

次の中で,光の強さが最も弱いのは?

4 / 25

温帯と亜寒帯のうち,年降水量が少ない地域で見られ,樹木がほとんど生育しない草原のバイオーム

5 / 25

次のうち,温室効果ガスではないものは?

6 / 25

外来種の中で、地域の自然環境に大きな影響を与え、生物多様性を脅かすおそれのあるもの

7 / 25

Bのバイオームは何か?

8 / 25

湖沼などから始まる遷移

9 / 25

2種間の相互作用が2種以外の生物の生活に影響を与えること

10 / 25

月平均気温が5℃を超える月において,月平均気温から5をひき,その値を1年間合計して求めた値

11 / 25

生物の遺骸や排出物などが土壌生物などによって分解されてできた有機物

12 / 25

温帯の中でも比較的暖かい地域で見られ,クチクラ層が発達した硬くて光沢の葉を持つ常緑広葉樹が優占するバイオーム

13 / 25

樹木が密に生育する植生

14 / 25

光合成速度と呼吸速度が等しくなるときの光の強さ

15 / 25

植生の外観上の様相

16 / 25

森林の階層構造が最もよく発達する気候は?

17 / 25

見かけの光合成速度が0になるときの光の強さ

18 / 25

Eのバイオームは何か?

19 / 25

主に草本で構成され,一般には,地表の50%以上が草本に覆われている植生

20 / 25

見かけの光合成速度を求める式

21 / 25

熱帯や亜熱帯で季節によって降水量が大きく変動する地域に見られる,雨季に葉をつけ,乾季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

22 / 25

Iのバイオームは何か?

23 / 25

次のうち,葉の面積が大きく,厚みが薄い葉

24 / 25

弱い光の場所に生育する植物

25 / 25

熱帯で,年降水量が少ない地域で見られる,樹木がまばらに生育する草原のバイオーム

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

10問 演習モード

時間がないときにおすすめです。

/10

生物の多様性と生態系(10問)

1 / 10

地中海沿岸地方などの,降水量が夏は少なく,冬は比較的多い地域でみられる。葉が小さく,乾燥に強い植物が優占するバイオーム

2 / 10

温帯の中でも比較的暖かい地域で見られ,クチクラ層が発達した硬くて光沢の葉を持つ常緑広葉樹が優占するバイオーム

3 / 10

弱い光の場所に生育する植物

4 / 10

食物連鎖が複雑な網目状の関係になっていること

5 / 10

生物の遺骸や排出物などが土壌生物などによって分解されてできた有機物

6 / 10

遷移の初期段階に見られる種

7 / 10

非生物的環境から生物への働きかけ

8 / 10

山火事の後など,既に土壌が存在している状態から始まる遷移

9 / 10

生育する植物の個体数や種類が少なく,草本や高さの低い木本がまばらに生育する植生

10 / 10

日当たりの良い場所に生育する植物

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

中間テストや期末テストの対策にご活用ください。

この分野の重要語句一覧

植生 優占種 相観 荒原 草原 森林 生活形 土壌 林冠 林床 階層構造 高木層 亜高木層 低木層 草本層 地表層 光合成速度 呼吸速度 見かけの光合成速度 光補償点 光飽和点 陽生植物 陰生植物 陽樹 陰樹 陽葉 陰葉 遷移 先駆種 パイオニア種 共生 極相 クライマックス 極相林 裸地 ギャップ 一次遷移 二次遷移 乾性遷移 湿性遷移 バイオーム 生物群系 年降水量 年平均気温 ツンドラ 針葉樹林 夏緑樹林 照葉樹林 亜熱帯多雨林 熱帯多雨林 雨緑樹林 硬葉樹林 サバンナ ステップ 砂漠 水平分布 マングローブ 常緑広葉樹 落葉広葉樹 常緑針葉樹 垂直分布 森林限界 高山草原 暖かさの指数 チーク クチクラ層 ブナ ミズナラ オリーブ ユーカリ ゲッケイジュ アカシア サボテン トウダイグサ 生態系 非生物的環境 生物的環境 作用 環境形成作用 生産者 消費者 生物多様性 補償深度 食物連鎖 栄養段階 一次消費者 食物網 腐食連鎖 キーストーン種 絶滅 間接効果 撹乱 自然浄化 生態系の復元力 レジリエンス 富栄養化 アオコ 赤潮 温室効果 温室効果ガス 二酸化炭素 メタン フロン サンゴの白化現象 外来生物 侵略的外来生物 オオクチバス フイリマングース 外来生物法 特定外来生物 アマミノクロウサギ 里山 開発 環境アセスメント 絶滅危惧種 レッドリスト レッドデータブック 種の保存法 ワシントン条約 アホウドリ 生態系サービス 持続可能な開発目標 SDGs 生物濃縮 など

参考文献

【理科編 理数編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説
 (https://www.mext.go.jp/content/20211102-mxt_kyoiku02-100002620_06.pdf

高等学校の生物教育における重要語句の選定について(改訂)
https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-h190708.pdf