【生物】生命現象とタンパク質|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物の「生命現象とタンパク質」の分野の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

小単元ごとに学習したい場合はこちらから学習できます。

  (i)タンパク質の構造

  (ii)酵素

  (iii)膜タンパク質と輸送

65問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/65

生命現象とタンパク質(65問)

1 / 65

化学反応の過程で、反応の起こりやすい状態にするために必要なエネルギー

2 / 65

アミノ酸どうしは何と何の間で脱水結合してつながるか

3 / 65

細胞膜が陥入して小胞を形成し、物質を取り込む現象

4 / 65

多数のアミノ酸が鎖状に結合したもの

5 / 65

生体内のタンパク質を構成するアミノ酸の種類

6 / 65

膜輸送タンパク質のうち、物質の通り道となる孔を形成するもの

7 / 65

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

8 / 65

酵素の反応速度な最大となる温度

9 / 65

拡散では、物質はどのように移動するか

10 / 65

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

11 / 65

イオンは細胞膜のリン脂質二重層を透過しやすいか

12 / 65

パーマ液で毛髪を処理することと最も関係が深いもの

13 / 65

ポリペプチドが部分的にとる特徴的な立体構造

14 / 65

アミノ酸配列は何によって決定されるか

15 / 65

酵素の活性部位とは異なる物質に阻害物質が結合することで基質の結合を妨げたり結合しても反応を進みにくくする作用

16 / 65

タンパク質の機能は、タンパク質の何よって決まるか

17 / 65

三次構造を形成したポリペプチドが複数組み合わさってできる立体構造

18 / 65

基質濃度が十分なとき、酵素濃度を2倍にすると、反応速度はどうなるか

19 / 65

無機触媒を用いた反応は、温度が高くなるにつれて、反応速度はどのようになるか

20 / 65

ポリペプチドのアミノ酸配列

21 / 65

2個のシステインの側鎖のSH基から水素原子がとれてできる結合

22 / 65

小胞が細胞膜と融合し、小胞内部の物質が細胞外へ放出される現象

23 / 65

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

24 / 65

シグナル分子が結合すると受容体の構造が変化し、特定のイオンが通過して細胞内に情報が伝わる種類の受容体

25 / 65

基質濃度が高くなると、酵素反応の阻害の影響がほとんど見られなくなるのはどちらか

26 / 65

酵素と補酵素のうち、熱に弱いものは

27 / 65

細胞膜のリン脂質二重層を通過しやすいのは

28 / 65

立体構造の変化によってタンパク質本来の性質が失われる現象

29 / 65

酵素の表面にある立体構造で、基質が結合する領域

30 / 65

酵素と補酵素のうち、熱に強いものは

31 / 65

細胞外からやってくる様々なシグナル分子を選択的に受容するタンパク質

32 / 65

膜輸送タンパク質のうち、特定の物質が結合すると自身の構造を変化させ、結合した物質を通過させるもの

33 / 65

タンパク質からなるホルモンの受容体はどこに存在することが多いか

34 / 65

基質濃度が高くなっても、酵素反応の阻害の影響が一定の割合で現れるのはどちらか

35 / 65

二次構造をもつポリペプチドがさらに折りたたまれた立体構造でpHや温度の影響を受けるもの。

36 / 65

生体内の化学反応において触媒として働くタンパク質

37 / 65

活性化状態のGタンパク質は何と結合しているか

38 / 65

濃度勾配に逆らってエネルギーを消費して起こる物質の輸送

39 / 65

酵素によって化学反応を触媒される物質

40 / 65

酵素が特定の物質にのみ作用する性質

41 / 65

多数のアミノ酸がペプチド結合によって長く鎖状につながった分子

42 / 65

アミノ酸どうしがアミノ基とカルボキシ基の間でつながる結合

43 / 65

ポリペプチドが折りたたまれて、そのタンパク質特有の立体構造になること

44 / 65

酵素の主成分

45 / 65

シグナル分子が結合すると、受容体に結合するGタンパク質が活性化することにより、細胞内に情報が伝わる種類の受容体

46 / 65

ポリペプチドが正しくフォールディングするのを助けるタンパク質

47 / 65

酵素を用いた反応は、温度が高くなるにつれて、反応速度はどのようになるか

48 / 65

水分子の出入りに関与するチャネル

49 / 65

2個のシステインの側鎖のSH基から水素原子がとれてできる結合

50 / 65

基質と構造の似た物質が酵素の活性部位に結合することで基質の結合を妨げる作用

51 / 65

酵素の反応速度な最大となるpH

52 / 65

アミノ酸がペプチド結合によってつながった分子

53 / 65

シグナル分子が結合すると、リン酸化を促進する酵素などとして働き、細胞内に情報が伝わる種類の受容体

54 / 65

細胞膜が特定の物質のみを選択的に透過させる性質

55 / 65

タンパク質の二次構造が生じる原因

56 / 65

カタラーゼの基質

57 / 65

ステロイドからなるホルモンの受容体はどこに存在することが多いか

58 / 65

アミノ酸の種類は何の違いによって決まるか

59 / 65

タンパク質の二次構造のうち、ジグザグに折れ曲がった構造

60 / 65

ATPのエネルギーを利用して、ナトリウムイオンを細胞外へ、カリウムイオンを細胞内へ移動させる膜輸送タンパク質

61 / 65

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

62 / 65

競争的阻害を引き起こすのはどのような物質か

63 / 65

高温、酸、アルカリなどによって酵素の立体構造が変化し、酵素の働きが失われること

64 / 65

濃度勾配にもとづく拡散によって起こる物質の輸送

65 / 65

細胞膜のリン脂質二重層を通過しやすいのは

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

40問 演習モード

/40

生命現象とタンパク質(40問)

1 / 40

アミノ酸配列は何によって決定されるか

2 / 40

2個のシステインの側鎖のSH基から水素原子がとれてできる結合

3 / 40

タンパク質の機能は、タンパク質の何よって決まるか

4 / 40

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

5 / 40

カタラーゼの基質

6 / 40

細胞外からやってくる様々なシグナル分子を選択的に受容するタンパク質

7 / 40

無機触媒を用いた反応は、温度が高くなるにつれて、反応速度はどのようになるか

8 / 40

酵素の活性部位とは異なる物質に阻害物質が結合することで基質の結合を妨げたり結合しても反応を進みにくくする作用

9 / 40

ポリペプチドが部分的にとる特徴的な立体構造

10 / 40

シグナル分子が結合すると、受容体に結合するGタンパク質が活性化することにより、細胞内に情報が伝わる種類の受容体

11 / 40

基質と構造の似た物質が酵素の活性部位に結合することで基質の結合を妨げる作用

12 / 40

ポリペプチドが正しくフォールディングするのを助けるタンパク質

13 / 40

多数のアミノ酸がペプチド結合によって長く鎖状につながった分子

14 / 40

タンパク質からなるホルモンの受容体はどこに存在することが多いか

15 / 40

シグナル分子が結合すると、リン酸化を促進する酵素などとして働き、細胞内に情報が伝わる種類の受容体

16 / 40

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

17 / 40

多数のアミノ酸が鎖状に結合したもの

18 / 40

細胞膜のリン脂質二重層を通過しやすいのは

19 / 40

アミノ酸どうしがアミノ基とカルボキシ基の間でつながる結合

20 / 40

生体内の化学反応において触媒として働くタンパク質

21 / 40

生体内のタンパク質を構成するアミノ酸の種類

22 / 40

酵素を用いた反応は、温度が高くなるにつれて、反応速度はどのようになるか

23 / 40

アミノ酸の種類は何の違いによって決まるか

24 / 40

酵素の反応速度な最大となる温度

25 / 40

化学反応の過程で、反応の起こりやすい状態にするために必要なエネルギー

26 / 40

ポリペプチドが折りたたまれて、そのタンパク質特有の立体構造になること

27 / 40

酵素の表面にある立体構造で、基質が結合する領域

28 / 40

酵素の反応速度な最大となるpH

29 / 40

競争的阻害を引き起こすのはどのような物質か

30 / 40

基質濃度が高くなっても、酵素反応の阻害の影響が一定の割合で現れるのはどちらか

31 / 40

膜輸送タンパク質のうち、物質の通り道となる孔を形成するもの

32 / 40

活性化状態のGタンパク質は何と結合しているか

33 / 40

酵素によって化学反応を触媒される物質

34 / 40

酵素と補酵素のうち、熱に強いものは

35 / 40

イオンは細胞膜のリン脂質二重層を透過しやすいか

36 / 40

基質濃度が高くなると、酵素反応の阻害の影響がほとんど見られなくなるのはどちらか

37 / 40

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

38 / 40

膜輸送タンパク質のうち、特定の物質が結合すると自身の構造を変化させ、結合した物質を通過させるもの

39 / 40

酵素が特定の物質にのみ作用する性質

40 / 40

三次構造を形成したポリペプチドが複数組み合わさってできる立体構造

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

20問 演習モード

/20

生命現象とタンパク質(20問)

1 / 20

細胞膜のリン脂質二重層を通過しやすいのは

2 / 20

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

3 / 20

アミノ酸どうしは何と何の間で脱水結合してつながるか

4 / 20

アミノ酸どうしがアミノ基とカルボキシ基の間でつながる結合

5 / 20

タンパク質の二次構造が生じる原因

6 / 20

膜輸送タンパク質のうち、物質の通り道となる孔を形成するもの

7 / 20

酵素と補酵素のうち、熱に弱いものは

8 / 20

生体内の化学反応において触媒として働くタンパク質

9 / 20

ポリペプチドが正しくフォールディングするのを助けるタンパク質

10 / 20

酵素と補酵素のうち、熱に強いものは

11 / 20

アミノ酸は、1個の炭素原子に、ある4つものが結合している。4つのうちに含まれるものはどれか。

12 / 20

濃度勾配にもとづく拡散によって起こる物質の輸送

13 / 20

競争的阻害を引き起こすのはどのような物質か

14 / 20

膜輸送タンパク質のうち、特定の物質が結合すると自身の構造を変化させ、結合した物質を通過させるもの

15 / 20

拡散では、物質はどのように移動するか

16 / 20

ポリペプチドのアミノ酸配列

17 / 20

基質濃度が高くなっても、酵素反応の阻害の影響が一定の割合で現れるのはどちらか

18 / 20

化学反応の過程で、反応の起こりやすい状態にするために必要なエネルギー

19 / 20

立体構造の変化によってタンパク質本来の性質が失われる現象

20 / 20

二次構造をもつポリペプチドがさらに折りたたまれた立体構造でpHや温度の影響を受けるもの。

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

スポンサーリンク

10問 演習モード

時間がないときにおすすめです。

/10

生命現象とタンパク質(10問)

1 / 10

パーマ液で毛髪を処理することと最も関係が深いもの

2 / 10

タンパク質からなるホルモンの受容体はどこに存在することが多いか

3 / 10

基質濃度が十分なとき、酵素濃度を2倍にすると、反応速度はどうなるか

4 / 10

ポリペプチドが折りたたまれて、そのタンパク質特有の立体構造になること

5 / 10

膜輸送タンパク質のうち、物質の通り道となる孔を形成するもの

6 / 10

細胞膜が陥入して小胞を形成し、物質を取り込む現象

7 / 10

多数のアミノ酸がペプチド結合によって長く鎖状につながった分子

8 / 10

タンパク質の二次構造のうち、ジグザグに折れ曲がった構造

9 / 10

三次構造を形成したポリペプチドが複数組み合わさってできる立体構造

10 / 10

シグナル分子が結合すると、リン酸化を促進する酵素などとして働き、細胞内に情報が伝わる種類の受容体

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

中間テストや期末テストの対策にご活用ください。

この分野の重要語句一覧

タンパク質 アミノ酸 炭素原子 水素原子 側鎖 カルボキシ基 アミノ基 20種類のアミノ酸 ペプチド結合 ペプチド ポリペプチド 一次構造 アミノ酸配列 二次構造 αヘリックス βシート 三次構造 四次構造 ジスルフィド結合 S-S結合 立体構造 変性 フォールディング シャペロン グリシン セリン アラニン プロリン バリン トレオニン ロイシン イソロイシン アスパラギン グルタミン フェニルアラニン チロシン トリプトファン システイン メチオニン アスパラギン酸 グルタミン酸 ヒスチジン リシン アルギニン 酵素 触媒 有機触媒 無機触媒 タンパク質 活性化状態 遷移状態 活性化エネルギー 基質 カタラーゼ 過酸化水素 基質特異性 活性部位 酵素-基質複合体 補酵素 最適温度 最適pH 失活 反応速度 最大反応速度 競争的阻害 非競争的阻害 フィードバック アロステリック酵素 選択的透過性 リン脂質二重層 拡散 濃度勾配 受動輸送 能動輸送 膜タンパク質 膜輸送タンパク質 チャネル 輸送体 イオンチャネル アクアポリン ナトリウムポンプ エキソサイトーシス エンドサイトーシス 受容体 レセプター シグナル分子 リガンド イオンチャネル型受容体 酵素型受容体 リン酸化 Gタンパク質共役型受容体 Gタンパク質 GTP GDP cAMP セカンドメッセンジャー シグナル増幅 など

参考文献

【理科編 理数編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説
 (https://www.mext.go.jp/content/20211102-mxt_kyoiku02-100002620_06.pdf

高等学校の生物教育における重要語句の選定について(改訂)
https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-h190708.pdf