【生物基礎】恒常性|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物基礎の「恒常性」の分野の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

50問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/50

恒常性(50問)

1 / 50

血液の液体成分

2 / 50

リンパ管内を流れる体液

3 / 50

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

4 / 50

アドレナリンが分泌されるのはいつ

5 / 50

血糖濃度が上昇したときに分泌されるホルモン

6 / 50

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は、質量パーセント濃度で約何%か。

7 / 50

肝臓での代謝が抑制され、発熱量が減少するのはいつ

8 / 50

血糖濃度が低下したときに働く神経

9 / 50

単位量あたりの数が多い順

10 / 50

血液凝固の際、破れた血管にはじめに集まる血球

11 / 50

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

12 / 50

組織の細胞に直接触れている体液

13 / 50

グルコースの運搬に関わる血液成分

14 / 50

体温が低下したときに働く神経

15 / 50

心臓の拍動が抑制され、血流量が減少するのはいつ

16 / 50

血糖濃度の高い状態が続く病気

17 / 50

酸素の運搬に関わる血液成分

18 / 50

血管内を流れる体液

19 / 50

二酸化炭素の運搬に関わる血液成分

20 / 50

長時間にわたり足を動かさず同じ姿勢でいると、血行不良により脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れ込み、肺の血管を閉塞してしまう疾患

21 / 50

生命活動のエネルギー源として、主に利用されている糖

22 / 50

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

23 / 50

代謝が盛んになり、熱産生が増えるのはいつ

24 / 50

血液凝固に関わる血液成分

25 / 50

血管修復後、血ぺいが溶解されること

26 / 50

出血したとき、傷が小さければ自然に出血がとまる現象

27 / 50

血清の色

28 / 50

食事後に濃度が上昇するもの

29 / 50

直径が大きい順

30 / 50

フィブリンが血球を絡めて形成されるもの

31 / 50

血液を試験管内に放置したときの血ぺい以外の部分

32 / 50

皮膚の血管が収縮するのはいつ

33 / 50

心臓の拍動が促進され、血流量が増えるのはいつ

34 / 50

グルコースが多数結合した物質

35 / 50

血糖濃度の上昇と最も関係があるもの

36 / 50

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

37 / 50

血液凝固の際に形成される繊維状のタンパク質

38 / 50

体表の血管が拡張するのはいつ

39 / 50

自己免疫疾患により、ランゲルハンス島B細胞が破壊され、インスリンが分泌されなくなる病気

40 / 50

体温が上昇したときに働く神経

41 / 50

血液の細胞成分

42 / 50

血球は何からつくられるか

43 / 50

ヒトにおいて、核をもつもの

44 / 50

免疫に関わる血液成分

45 / 50

チロキシンが分泌されるのはいつ

46 / 50

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は血液100mLあたりどれくらいか。

47 / 50

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

48 / 50

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

49 / 50

血糖濃度が上昇したときに働く神経

50 / 50

発汗が促進されるのはいつ

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

25問 演習モード

/25

恒常性(25問)

1 / 25

血管修復後、血ぺいが溶解されること

2 / 25

血糖濃度が上昇したときに働く神経

3 / 25

皮膚の血管が収縮するのはいつ

4 / 25

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

5 / 25

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は、質量パーセント濃度で約何%か。

6 / 25

血球は何からつくられるか

7 / 25

ヒトにおいて、核をもつもの

8 / 25

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

9 / 25

体表の血管が拡張するのはいつ

10 / 25

長時間にわたり足を動かさず同じ姿勢でいると、血行不良により脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れ込み、肺の血管を閉塞してしまう疾患

11 / 25

二酸化炭素の運搬に関わる血液成分

12 / 25

心臓の拍動が促進され、血流量が増えるのはいつ

13 / 25

血液を試験管内に放置したときの血ぺい以外の部分

14 / 25

血糖濃度が上昇したときに分泌されるホルモン

15 / 25

血清の色

16 / 25

グルコースの運搬に関わる血液成分

17 / 25

免疫に関わる血液成分

18 / 25

血糖濃度の上昇と最も関係があるもの

19 / 25

食事後に濃度が上昇するもの

20 / 25

アドレナリンが分泌されるのはいつ

21 / 25

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

22 / 25

組織の細胞に直接触れている体液

23 / 25

体温が低下したときに働く神経

24 / 25

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は血液100mLあたりどれくらいか。

25 / 25

体温が上昇したときに働く神経

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

スポンサーリンク

10問 演習モード

時間がないときにおすすめです。

/10

恒常性(10問)

1 / 10

体温が上昇したときに働く神経

2 / 10

直径が大きい順

3 / 10

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

4 / 10

血糖濃度の高い状態が続く病気

5 / 10

血球は何からつくられるか

6 / 10

出血したとき、傷が小さければ自然に出血がとまる現象

7 / 10

酸素の運搬に関わる血液成分

8 / 10

生命活動のエネルギー源として、主に利用されている糖

9 / 10

グルコースの運搬に関わる血液成分

10 / 10

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は、質量パーセント濃度で約何%か。

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

中間テストや期末テストの対策にご活用ください。

この分野の重要語句一覧

体液 体内環境 外部環境 恒常性 ホメオスタシス 血液 組織液 リンパ液 毛細血管 血糖 グルコース インスリン グルカゴン アドレナリン 糖質コルチコイド 血糖濃度の調節 糖尿病 1型糖尿病 2型糖尿病 自己免疫疾患 ランゲルハンス島B細胞 グリコーゲン 体温の調節 チロキシン 代謝の促進 ふるえ 発汗 血球 血しょう 赤血球 白血球 血小板 血液凝固 フィブリン 線溶 血ぺい 血清 エコノミークラス症候群 トロンビン プロトロンビン フィブリノーゲン など

参考文献

【理科編 理数編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説
 (https://www.mext.go.jp/content/20211102-mxt_kyoiku02-100002620_06.pdf

高等学校の生物教育における重要語句の選定について(改訂)
https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-h190708.pdf