【生物基礎】全範囲|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物基礎の「全範囲」の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

 

400問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/400

生物基礎(全範囲)(400問)

1 / 400

チロキシンの分泌を促進するホルモン

2 / 400

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

3 / 400

交感神経の作用により、心臓の拍動はどうなるか

4 / 400

生育する植物の個体数や種類が少なく,草本や高さの低い木本がまばらに生育する植生

5 / 400

関東〜本州西南部に見られるバイオーム

6 / 400

葉緑体の起源と考えられているもの

7 / 400

チロキシンが分泌されるのはいつ

8 / 400

染色体が赤道面に並ぶ時期

9 / 400

もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物

10 / 400

獲得免疫において、感染細胞を直接攻撃する細胞

11 / 400

自律神経系の調節中枢

12 / 400

温帯の中でも比較的暖かい地域で見られ,クチクラ層が発達した硬くて光沢の葉を持つ常緑広葉樹が優占するバイオーム

13 / 400

イシクラゲは原核生物か真核生物か

14 / 400

血糖濃度の上昇を促進するホルモン

15 / 400

裸地から始まる遷移

16 / 400

タンパク質の合成を促進するホルモン

17 / 400

タンパク質は何が多数つながってできているか

18 / 400

病原体の侵入を防いだり、侵入した病原体を排除したりして、病気から身を守るしくみ

19 / 400

中脳、延髄、脊髄の下端から出て、各器官に伸びている神経

20 / 400

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

21 / 400

T細胞が成熟する場所

22 / 400

効果が現れるまでの時間が数時間と比較的短い免疫

23 / 400

ある種の化学物質が生態系での食物連鎖を経て生物体内に濃縮されていく現象

24 / 400

湖沼などから始まる遷移

25 / 400

食事後に濃度が上昇するもの

26 / 400

DNAの基本単位

27 / 400

代謝において、複雑な物質をより単純な物質に分解し、エネルギーの放出を伴う過程

28 / 400

全ての生物が持つ、生物体の構造上・機能上の基本単位。

29 / 400

塩基Cと相補的に結合する塩基は?

30 / 400

食細胞であるもの

31 / 400

生物の遺骸や排出物などが土壌生物などによって分解されてできた有機物

32 / 400

DNAを構成する糖

33 / 400

非生物的環境から生物への働きかけ

34 / 400

次のうち,葉の面積が小さく,厚みのある葉

35 / 400

ほとんどの生物においてDNAの塩基配列にコードされる遺伝情報

36 / 400

乳酸菌は原核生物か真核生物か

37 / 400

Iのバイオームは何か?

38 / 400

ATPが合成されるとき、エネルギーは

39 / 400

次の中で,光の強さが最も弱いのは?

40 / 400

ある地域に生育する植物の集まりのこと

41 / 400

電子顕微鏡の分解能

42 / 400

主に草本で構成され,一般には,地表の50%以上が草本に覆われている植生

43 / 400

Eは?

44 / 400

交感神経の作用により、皮膚の血管はどうなるか

45 / 400

自己の細胞など、特定の抗原に対しては獲得免疫の反応がみられない状態

46 / 400

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

47 / 400

副交感神経の作用により、心臓の拍動はどうなるか

48 / 400

Cのバイオームは何か?

49 / 400

代謝を促進するホルモン

50 / 400

動物細胞は細胞壁をもつか

51 / 400

オオカナダモは真核生物か原核生物か

52 / 400

酵素の作用を受ける物質

53 / 400

Dのバイオームは何か?

54 / 400

原核細胞は染色体をもつか

55 / 400

Fのバイオームは何か?

56 / 400

染色体の分散、核膜の形成、細胞質分裂が起きる時期

57 / 400

DNAは2本鎖であるが、RNAは何本鎖?

58 / 400

自己免疫疾患であるもの

59 / 400

寒さの厳しい亜寒帯地域で見られ,耐寒性の強い常緑針葉樹が優占するバイオーム

60 / 400

独立栄養生物が合成した有機物を直接または間接的に体内に取り入れて、生活する生物

61 / 400

生きた細胞を初めて観察した人物

62 / 400

ホルモンを分泌する神経細胞

63 / 400

林間が途切れた空間

64 / 400

森林に見られる垂直方向の層状の構造

65 / 400

植物細胞や動物細胞などの細胞質が流れるように動く現象

66 / 400

核を観察するときに用いる試薬

67 / 400

免疫に関わる血球

68 / 400

バイオームと気候の関係を示すグラフの縦軸は何か。

69 / 400

ギャップが小さい場合,主にそのギャップを埋めるのは?

70 / 400

塩基Cの名前は?

71 / 400

視床下部から放出されるホルモン

72 / 400

細胞小器官の間を満たす成分

73 / 400

自己免疫疾患であるもの

74 / 400

山火事の後など,既に土壌が存在している状態から始まる遷移

75 / 400

体液中のナトリウムイオン濃度やカリウムイオン濃度の調節をするホルモン

76 / 400

発汗が促進されるのはいつ

77 / 400

Bのバイオームは何か?

78 / 400

脳下垂体後葉から放出されるホルモン

79 / 400

二重鎖の片方を鋳型とし、もう片方を新たに作り上げることで複製が行われる複製のしくみ

80 / 400

タンパク質から糖の生成を促進し、血糖濃度の上昇を促進するホルモン

81 / 400

塩基Tの名前は?

82 / 400

富栄養化の結果,水面が青緑色になる現象

83 / 400

遷移の初期段階に見られる種

84 / 400

次のうち酵素はどれか

85 / 400

リンパ球であるもの

86 / 400

次のうち,特定外来生物ではないものは?

87 / 400

免疫に関わる血液成分

88 / 400

涙や唾液に存在する酵素で、細菌の細胞壁を破壊する働きをもつ

89 / 400

侵入した病原体を白血球の働きによって排除するしくみ

90 / 400

細胞周期における分裂期以外の時期

91 / 400

皮膚の血管が収縮するのはいつ

92 / 400

核を持たない細胞のことを何というか。

93 / 400

核内にあり、DNAとタンパク質から構成されるもの

94 / 400

酵母は真核生物か原核生物か

95 / 400

すい臓のランゲルハンス島B細胞から放出されるホルモン

96 / 400

交感神経の作用により、立毛筋はどうなるか

97 / 400

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

98 / 400

副交感神経の作用により、胃のぜん動運動はどうなるか

99 / 400

アミノ酸と結合し、アミノ酸をmRNAへ運搬するRNA

100 / 400

姿勢の保持や瞳孔の大きさを調節する中枢

101 / 400

活動時や緊張時に働きが優位になる神経

102 / 400

年降水量が200mmに達しない乾燥地域で見られる,荒原のバイオーム

103 / 400

植物状態のときに機能が消失している部位

104 / 400

食物連鎖が複雑な網目状の関係になっていること

105 / 400

形や大きさが同じ,2本ずつ対になる染色体

106 / 400

遷移の初期段階に見られる種

107 / 400

ATP内のリン酸どうしの結合

108 / 400

特定の抗原に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子

109 / 400

撹乱の規模が小さいとき,時間をかけて生態系が撹乱を受ける前の状態に戻り,バランスが保たれること

110 / 400

化学反応を促進する物質で、それ自体は反応の前後で変化しないもの

111 / 400

絶滅のおそれのある生物について,その危険性の度合いを判定して分類したもの

112 / 400

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

113 / 400

植生のなかで,個体数が多く,占有する生活空間が最も大きい種

114 / 400

自己免疫疾患であるもの

115 / 400

自律神経系の中枢

116 / 400

高山において,低温などの条件で森林が成立できなくなる境界

117 / 400

北海道西南部〜本州東北部に見られるバイオーム

118 / 400

生産者が生育できる強さの光が届く下限の深さ

119 / 400

鼻腔、口腔、咽頭に存在する病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

120 / 400

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は、質量パーセント濃度で約何%か。

121 / 400

2種間の相互作用が2種以外の生物の生活に影響を与えること

122 / 400

フィブリンが血球を絡めて形成されるもの

123 / 400

同じ病原体が再度侵入したときに生じる免疫反応

124 / 400

長時間にわたり足を動かさず同じ姿勢でいると、血行不良により脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れ込み、肺の血管を閉塞してしまう疾患

125 / 400

Jのバイオームは何か?

126 / 400

塩基Gと相補的に結合する塩基は?

127 / 400

免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気

128 / 400

温帯と亜寒帯のうち,年降水量が少ない地域で見られ,樹木がほとんど生育しない草原のバイオーム

129 / 400

体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する物質

130 / 400

アデノシンにリン酸が2分子結合した物質

131 / 400

植物について、細胞説を提唱した人物

132 / 400

体表の血管が拡張するのはいつ

133 / 400

血糖濃度が低下したときに働く神経

134 / 400

リンパ球であるもの

135 / 400

血管修復後、血ぺいが溶解されること

136 / 400

ある地域の植生が長い年月の間に変化していくこと

137 / 400

異なる抗原を時間をおいて2回に分けて注射したとき、2回目の注射後の抗体産生はどのように行われるか

138 / 400

病原体以外の無害な異物にが抗原と認識されて起こる、生体に不都合な獲得免疫

139 / 400

地域ごとに形成されている,その環境に適応した特徴ある生物の集団

140 / 400

血糖濃度が上昇したときに働く神経

141 / 400

血液を試験管内に放置したときの血ぺい以外の部分

142 / 400

Gのバイオームは何か?

143 / 400

次のうち,温室効果ガスではないものは?

144 / 400

ある地域に生息する生物の集団とそれらを取り巻く環境をひとつのまとまりとしてとらえたもの

145 / 400

白血球が病原体などの異物を細胞内に取り込んで分解する働き

146 / 400

リンパ節でT細胞に抗原提示をする細胞

147 / 400

体温が上昇したときに働く神経

148 / 400

植物細胞はミトコンドリアをもつか

149 / 400

原核細胞はミトコンドリアをもつか

150 / 400

生物のもつ性質や特徴のこと

151 / 400

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

152 / 400

交感神経の作用により、気管支はどうなるか

153 / 400

陸上で始まる遷移

154 / 400

生物が二酸化炭素を吸収して有機物を合成する反応

155 / 400

ワクチンの接種により、感染症を予防する方法

156 / 400

細胞が特定の形や働きを持つようになること

157 / 400

アドレナリンが分泌されるのはいつ

158 / 400

心臓の拍動を促進するホルモン

159 / 400

コドンに相補的に結合するtRNAの3つの塩基の並び

160 / 400

健康なヒトでは発症することのない感染症のこと

161 / 400

リンパ球であるもの

162 / 400

ホルモンをつくって分泌することにより体の様々な機能の調節や制御を行うしくみ

163 / 400

代謝が盛んになり、熱産生が増えるのはいつ

164 / 400

アミノ酸が多数結合してできた物質

165 / 400

さまざまな原因によって絶滅のおそれがある生物

166 / 400

葉緑体に含まれる緑色の色素

167 / 400

核を観察するときに用いる試薬

168 / 400

副腎皮質から放出されるホルモン

169 / 400

ヒトにおいて、核をもつもの

170 / 400

抗体が関与する獲得免疫

171 / 400

皮膚や粘膜上皮に存在するタンパク質で、細菌の細胞膜を破壊する働きをもつ

172 / 400

進化を通じて、生物の体の形や働きが、生活する環境に適するようになること

173 / 400

抗体産生細胞に分化し、抗体を産生する細胞

174 / 400

Aは?

175 / 400

光合成速度から呼吸速度を引いた値

176 / 400

副交感神経の作用により、排尿はどうなるか

177 / 400

染色体が凝縮し、核膜が消失する時期

178 / 400

腎臓の集合管での水の再吸収を促進するホルモン

179 / 400

単位量あたりの数が多い順

180 / 400

リンパ球であるもの

181 / 400

記憶細胞の形成によって、一度反応した抗原の情報が記憶されるしくみ

182 / 400

交感神経の作用により、排尿はどうなるか

183 / 400

予防接種に用いる、弱毒化または無毒化された病原体や毒素

184 / 400

血液凝固の際に形成される繊維状のタンパク質

185 / 400

ヌクレオチドどうしは、どこで結合してヌクレオチド鎖を形成するか

186 / 400

酵素が特定の物質にのみ作用する性質

187 / 400

光学顕微鏡の分解能

188 / 400

副交感神経の作用により、瞳孔はどうなるか

189 / 400

血液の液体成分

190 / 400

RNAを構成する4種類の塩基

191 / 400

だ腺染色体の膨らんだ部分

192 / 400

ミトコンドリアや葉緑体は、異種生物が細胞内に取り込まれ細胞内で共生することにより生じたとする学説

193 / 400

緯度の違いに伴うバイオームの分布

194 / 400

抗体を産生する細胞

195 / 400

呼吸が行われる場所

196 / 400

ヒトの生殖細胞は何本の染色体をもつか?

197 / 400

細胞周期において、細胞分裂を行う時期

198 / 400

血液凝固に関わる血液成分

199 / 400

交感神経の作用により、胃のぜん動運動はどうなるか

200 / 400

先駆種の例として誤っているもの

201 / 400

私たちが生態系から受ける恩恵

202 / 400

光の強さが最も強いのは?

203 / 400

次のうち、独自のDNAをもつものは

204 / 400

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

205 / 400

Eのバイオームは何か?

206 / 400

光合成速度と呼吸速度が等しくなるときの光の強さ

207 / 400

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

208 / 400

森林において、太陽光線を直接に受ける高木の枝葉が茂る部分

209 / 400

塩基Aの名前は?

210 / 400

脊髄から出て、各器官に伸びている神経

211 / 400

バイオームと気候の関係を示すグラフの横軸は何か。

212 / 400

食細胞であるもの

213 / 400

副甲状腺から放出されるホルモン

214 / 400

温帯の中でも比較的寒い地域で見られ,冬季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

215 / 400

遷移が進み,構成種に大きな変化が見られなくなった状態

216 / 400

微生物によって有機物が無機物に分解され水中の汚染物質が減少すること

217 / 400

抗原と抗体が特異的に結合したもの

218 / 400

植物や建築物などに覆われておらず、土がむきだしになっている土地

219 / 400

希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約

220 / 400

DNAの塩基配列をもとにRNAが合成されること

221 / 400

副腎皮質から放出されるホルモン

222 / 400

病原体によって引き起こされる病気の総称

223 / 400

血液の細胞成分

224 / 400

生物が進化してきた道筋

225 / 400

交感神経と副交感神経はどのように働くか

226 / 400

体温が低下したときに働く神経

227 / 400

呼吸運動、心臓の拍動などの中枢

228 / 400

生命活動のエネルギー源として、主に利用されている糖

229 / 400

次のうち、独自のDNAをもつものは

230 / 400

核の最外層

231 / 400

富栄養化の結果,水面が赤褐色になる現象

232 / 400

森林の階層構造が最もよく発達する気候は?

233 / 400

熱帯や亜熱帯で季節によって降水量が大きく変動する地域に見られる,雨季に葉をつけ,乾季に落葉する落葉広葉樹が優占するバイオーム

234 / 400

酵素の反応速度が最も大きくなる温度

235 / 400

自然免疫の反応によって局所が熱や痛みを持つこと

236 / 400

食作用などによって病原体を排除する免疫

237 / 400

キラーT細胞などが、直接、病原体を排除したり、感染細胞を排除したりする獲得免疫

238 / 400

心臓の拍動が抑制され、血流量が減少するのはいつ

239 / 400

生物から非生物的環境への働きかけ

240 / 400

何個の塩基の並びが1つのアミノ酸を指定するか

241 / 400

内部にある遺伝子の情報にもとづいて、細胞のかたちや働きを決定する細胞小器官

242 / 400

血液に侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

243 / 400

間脳、中脳、延髄からなる脳の部分

244 / 400

北海道東部に見られるバイオーム

245 / 400

細胞内にみられる特定の働きをもつ構造体

246 / 400

大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行うこと

247 / 400

塩基Tと相補的に結合する塩基は?

248 / 400

生命活動で利用されるエネルギーの貯蔵・利用にかかわる物質で、「生体のエネルギー通貨」と呼ばれるもの

249 / 400

移植などにおいて、自分自身以外のものが体内に侵入してくると、これを異物として認識し、排除しようとする働き

250 / 400

血球は何からつくられるか

251 / 400

腸管から侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

252 / 400

動物について、細胞説を提唱した人物

253 / 400

血糖濃度の低下を促進するホルモン

254 / 400

直径が大きい順

255 / 400

動物などのように,外界から有機物を取り入れ,それを利用して生活している従属栄養生物

256 / 400

日当たりの良い場所に生育する植物

257 / 400

二酸化炭素の運搬に関わる血液成分

258 / 400

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は血液100mLあたりどれくらいか。

259 / 400

年平均気温が-5℃以下となる寒帯地域で見られる,荒原のバイオーム

260 / 400

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

261 / 400

Dは?

262 / 400

すい臓のランゲルハンス島A細胞から放出されるホルモン

263 / 400

血糖濃度の上昇と最も関係があるもの

264 / 400

免疫が十分に働かなくなる疾患

265 / 400

重度のアレルギーにより急激な血圧低下や呼吸困難などが現れること

266 / 400

血清の色

267 / 400

食細胞であるもの

268 / 400

馬などに、毒素を無毒化・弱毒化した上で注射し、毒素に対する抗体を作らせ、この抗体を含む血清を、病気の治療や予防に用いる方法

269 / 400

外界から取り入れた無機物から有機物を合成して、生活する生物

270 / 400

植物細胞で、細胞内の水分や物質の濃度の調節、老廃物の貯蔵に関与する細胞小器官

271 / 400

グルコースが多数結合した物質

272 / 400

血糖濃度の高い状態が続く病気

273 / 400

地中海沿岸地方などの,降水量が夏は少なく,冬は比較的多い地域でみられる。葉が小さく,乾燥に強い植物が優占するバイオーム

274 / 400

光エネルギーを用いて行う炭酸同化

275 / 400

2本のヌクレオチド鎖どうしは、どこの間で弱く結合しているか