【生物基礎】ヒトの体の調節|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物基礎の「ヒトの体の調節」の分野の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

小単元ごとに学習したい場合はこちらから学習できます。

 ①免疫以外

  (iii)内分泌系(ホルモン)

 ②免疫

177問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/177

ヒトの体の調節(177問)

1 / 177

血液凝固の際に形成される繊維状のタンパク質

2 / 177

侵入した病原体を白血球の働きによって排除するしくみ

3 / 177

中脳、延髄、脊髄の下端から出て、各器官に伸びている神経

4 / 177

フィブリンが血球を絡めて形成されるもの

5 / 177

交感神経と副交感神経はどのように働くか

6 / 177

免疫が十分に働かなくなる疾患

7 / 177

長時間にわたり足を動かさず同じ姿勢でいると、血行不良により脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れ込み、肺の血管を閉塞してしまう疾患

8 / 177

自己免疫疾患であるもの

9 / 177

赤血球や白血球がつくられる場所

10 / 177

副交感神経の作用により、排尿はどうなるか

11 / 177

特定の物質を認識したリンパ球が特異的に病原体を排除する免疫

12 / 177

交感神経の作用により、瞳孔はどうなるか

13 / 177

副甲状腺から放出されるホルモン

14 / 177

T細胞が成熟する場所

15 / 177

タンパク質から糖の生成を促進し、血糖濃度の上昇を促進するホルモン

16 / 177

免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気

17 / 177

自己免疫疾患であるもの

18 / 177

抗体を構成するタンパク質

19 / 177

腎臓の集合管での水の再吸収を促進するホルモン

20 / 177

リンパ球であるもの

21 / 177

抗体が関与する獲得免疫

22 / 177

特定の抗原に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子

23 / 177

異なる抗原を時間をおいて2回に分けて注射したとき、2回目の注射後の抗体産生はどのように行われるか

24 / 177

副交感神経の作用により、瞳孔はどうなるか

25 / 177

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

26 / 177

心臓の拍動が促進され、血流量が増えるのはいつ

27 / 177

同じ病原体が再度侵入したときに生じる免疫反応

28 / 177

血液凝固に関わる血液成分

29 / 177

Cは?

30 / 177

体液中のナトリウムイオン濃度やカリウムイオン濃度の調節をするホルモン

31 / 177

体温が低下したときに働く神経

32 / 177

キラーT細胞などが、直接、病原体を排除したり、感染細胞を排除したりする獲得免疫

33 / 177

生命活動のエネルギー源として、主に利用されている糖

34 / 177

自己免疫疾患により、ランゲルハンス島B細胞が破壊され、インスリンが分泌されなくなる病気

35 / 177

血糖濃度の低下を促進するホルモン

36 / 177

病原体の侵入を防いだり、侵入した病原体を排除したりして、病気から身を守るしくみ

37 / 177

活動時や緊張時に働きが優位になる神経

38 / 177

植物状態のときに機能が消失している部位

39 / 177

自己の細胞など、特定の抗原に対しては獲得免疫の反応がみられない状態

40 / 177

食細胞であるもの

41 / 177

グルコースの運搬に関わる血液成分

42 / 177

リンパ球であるもの

43 / 177

ホルモンが作用する器官

44 / 177

抗原と抗体が特異的に結合する反応

45 / 177

交感神経の作用により、立毛筋はどうなるか

46 / 177

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

47 / 177

鼻腔、口腔、咽頭に存在する病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

48 / 177

血液中に含まれるグルコース

49 / 177

体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する物質

50 / 177

組織の細胞に直接触れている体液

51 / 177

血液中のカルシウムイオン濃度の上昇を促進するホルモン

52 / 177

Eは?

53 / 177

効果が現れるまでの時間が数時間と比較的短い免疫

54 / 177

安静な状態のときに働きが優位になる神経

55 / 177

病原体によって引き起こされる病気の総称

56 / 177

食事後に濃度が上昇するもの

57 / 177

白血球が病原体などの異物を細胞内に取り込んで分解する働き

58 / 177

ホルモンを分泌する神経細胞

59 / 177

副交感神経の作用により、心臓の拍動はどうなるか

60 / 177

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は血液100mLあたりどれくらいか。

61 / 177

血液の細胞成分

62 / 177

交感神経の作用により、気管支はどうなるか

63 / 177

姿勢の保持や瞳孔の大きさを調節する中枢

64 / 177

食細胞であるもの

65 / 177

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

66 / 177

副腎皮質から放出されるホルモン

67 / 177

血糖濃度が低下したときに働く神経

68 / 177

代謝を促進するホルモン

69 / 177

出血したとき、傷が小さければ自然に出血がとまる現象

70 / 177

血糖濃度の上昇と最も関係があるもの

71 / 177

すい臓のランゲルハンス島B細胞から放出されるホルモン

72 / 177

移植などにおいて、自分自身以外のものが体内に侵入してくると、これを異物として認識し、排除しようとする働き

73 / 177

体表の血管が拡張するのはいつ

74 / 177

食作用などによって病原体を排除する免疫

75 / 177

血液を試験管内に放置したときの血ぺい以外の部分

76 / 177

効果が現れるまで、1週間以上かかる免疫

77 / 177

免疫記憶のしくみがない免疫

78 / 177

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

79 / 177

体性神経系と自律神経系からなら神経系

80 / 177

からだの表面や消化管内へ分泌物を分泌する器官

81 / 177

リンパ管内を流れる体液

82 / 177

発汗が促進されるのはいつ

83 / 177

血糖濃度の上昇を促進するホルモン

84 / 177

自己免疫疾患であるもの

85 / 177

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

86 / 177

血液凝固の際、破れた血管にはじめに集まる血球

87 / 177

食細胞であるもの

88 / 177

甲状腺から放出されるホルモン

89 / 177

Bは?

90 / 177

獲得免疫において、感染細胞を直接攻撃する細胞

91 / 177

自律神経系の調節中枢

92 / 177

Dは?

93 / 177

皮膚の表面に存在する死んだ細胞の層で病原体の侵入を防ぐ

94 / 177

馬などに、毒素を無毒化・弱毒化した上で注射し、毒素に対する抗体を作らせ、この抗体を含む血清を、病気の治療や予防に用いる方法

95 / 177

副腎髄質から放出されるホルモン

96 / 177

交感神経と副交感神経からなる神経系

97 / 177

間脳、中脳、延髄からなる脳の部分

98 / 177

血糖濃度が上昇したときに分泌されるホルモン

99 / 177

二酸化炭素の運搬に関わる血液成分

100 / 177

ホルモンをつくって分泌することにより体の様々な機能の調節や制御を行うしくみ

101 / 177

副交感神経の作用により、気管支はどうなるか

102 / 177

自然免疫の反応によって局所が熱や痛みを持つこと

103 / 177

予防接種に用いる、弱毒化または無毒化された病原体や毒素

104 / 177

マクロファージや樹状細胞などが、病原体などを細胞内へ取り込んで分解を行った後に、細胞表面へその一部を提示する免疫機構

105 / 177

血糖濃度の上昇を促進するホルモン

106 / 177

感覚神経と運動神経からなる神経系

107 / 177

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

108 / 177

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

109 / 177

免疫不全症であるもの

110 / 177

抗体を産生する細胞

111 / 177

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

112 / 177

血液の液体成分

113 / 177

呼吸運動、心臓の拍動などの中枢

114 / 177

ホルモンを分泌する器官

115 / 177

健康なヒトでは発症することのない感染症のこと

116 / 177

グルコースが多数結合した物質

117 / 177

自律神経系の中枢

118 / 177

血液に侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

119 / 177

血糖濃度が上昇したときに働く神経

120 / 177

血管内を流れる体液

121 / 177

免疫に関わる血液成分

122 / 177

リンパ球によって認識される物質

123 / 177

健康なヒトの空腹時の血糖濃度は、質量パーセント濃度で約何%か。

124 / 177

単位量あたりの数が多い順

125 / 177

交感神経の作用により、胃のぜん動運動はどうなるか

126 / 177

免疫記憶のしくみがある免疫

127 / 177

リンパ球であるもの

128 / 177

交感神経の作用により、皮膚の血管はどうなるか

129 / 177

涙や唾液に存在する酵素で、細菌の細胞壁を破壊する働きをもつ

130 / 177

体温が上昇したときに働く神経

131 / 177

病原体以外の無害な異物にが抗原と認識されて起こる、生体に不都合な獲得免疫

132 / 177

直径が大きい順

133 / 177

自然免疫において、感染細胞を直接攻撃する細胞

134 / 177

腸管から侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

135 / 177

免疫に関わる血球

136 / 177

Aは?

137 / 177

血管修復後、血ぺいが溶解されること

138 / 177

心臓の拍動が抑制され、血流量が減少するのはいつ

139 / 177

皮膚の血管が収縮するのはいつ

140 / 177

血清の色

141 / 177

副腎皮質から放出されるホルモン

142 / 177

脳死のときに機能が消失している部位

143 / 177

脳と脊髄からなる神経系

144 / 177

視床下部から放出されるホルモン

145 / 177

ヒトにおいて、核をもつもの

146 / 177

副交感神経の作用により、胃のぜん動運動はどうなるか

147 / 177

チロキシンが分泌されるのはいつ

148 / 177

すい臓のランゲルハンス島A細胞から放出されるホルモン

149 / 177

血糖濃度の高い状態が続く病気

150 / 177

リンパ節でT細胞に抗原提示をする細胞

151 / 177

交感神経の作用により、心臓の拍動はどうなるか

152 / 177

生物の体内に侵入して、病気を引き起こすものの総称

153 / 177

抗原と抗体が特異的に結合したもの

154 / 177

リンパ球であるもの

155 / 177

脊髄から出て、各器官に伸びている神経

156 / 177

心臓の拍動を促進するホルモン

157 / 177

からだの平衡を保つ中枢

158 / 177

重度のアレルギーにより急激な血圧低下や呼吸困難などが現れること

159 / 177

酸素の運搬に関わる血液成分

160 / 177

最終的につくられた物質や生じた結果が反応の前段階にさかのぼって作用するしくみ

161 / 177

エイズの原因となるウイルス

162 / 177

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

163 / 177

ワクチンの接種により、感染症を予防する方法

164 / 177

タンパク質の合成を促進するホルモン

165 / 177

交感神経の作用により、排尿はどうなるか

166 / 177

血球は何からつくられるか

167 / 177

病原体に共通する特徴を幅広く認識する免疫

168 / 177

血液の液体成分

169 / 177

アドレナリンが分泌されるのはいつ

170 / 177

チロキシンの分泌を促進するホルモン

171 / 177

記憶細胞の形成によって、一度反応した抗原の情報が記憶されるしくみ

172 / 177

代謝が盛んになり、熱産生が増えるのはいつ

173 / 177

肝臓での代謝が抑制され、発熱量が減少するのはいつ

174 / 177

皮膚や粘膜上皮に存在するタンパク質で、細菌の細胞膜を破壊する働きをもつ

175 / 177

脳下垂体後葉から放出されるホルモン

176 / 177

抗体産生細胞に分化し、抗体を産生する細胞

177 / 177

感覚や随意運動、記憶、思考、感情などの中枢

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

100問 演習モード

/100

ヒトの体の調節(100問)

1 / 100

T細胞が成熟する場所

2 / 100

血糖濃度が上昇したときに働く神経

3 / 100

血液中に含まれるグルコース

4 / 100

姿勢の保持や瞳孔の大きさを調節する中枢

5 / 100

赤血球や白血球がつくられる場所

6 / 100

脊髄から出て、各器官に伸びている神経

7 / 100

侵入した病原体を白血球の働きによって排除するしくみ

8 / 100

副腎皮質から放出されるホルモン

9 / 100

タンパク質の合成を促進するホルモン

10 / 100

副交感神経の作用により、心臓の拍動はどうなるか

11 / 100

病原体以外の無害な異物にが抗原と認識されて起こる、生体に不都合な獲得免疫

12 / 100

感覚神経と運動神経からなる神経系

13 / 100

重度のアレルギーにより急激な血圧低下や呼吸困難などが現れること

14 / 100

脳下垂体後葉から放出されるホルモン

15 / 100

免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気

16 / 100

リンパ球であるもの

17 / 100

フィブリンが血球を絡めて形成されるもの

18 / 100

リンパ球であるもの

19 / 100

Bは?

20 / 100

発汗が促進されるのはいつ

21 / 100

すい臓のランゲルハンス島A細胞から放出されるホルモン

22 / 100

免疫不全症であるもの

23 / 100

体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する物質

24 / 100

直径が大きい順

25 / 100

出血したとき、傷が小さければ自然に出血がとまる現象

26 / 100

自然免疫において、感染細胞を直接攻撃する細胞

27 / 100

血液凝固の際に形成される繊維状のタンパク質

28 / 100

交感神経の作用により、気管支はどうなるか

29 / 100

ワクチンの接種により、感染症を予防する方法

30 / 100

リンパ球であるもの

31 / 100

同じ病原体が再度侵入したときに生じる免疫反応

32 / 100

活動時や緊張時に働きが優位になる神経

33 / 100

免疫に関わる血球

34 / 100

病原体に共通する特徴を幅広く認識する免疫

35 / 100

長時間にわたり足を動かさず同じ姿勢でいると、血行不良により脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、この血のかたまりの一部が血流にのって肺に流れ込み、肺の血管を閉塞してしまう疾患

36 / 100

特定の物質を認識したリンパ球が特異的に病原体を排除する免疫

37 / 100

自己免疫疾患であるもの

38 / 100

ホルモンが作用する器官

39 / 100

血管内を流れる体液

40 / 100

骨格筋の収縮と弛緩を繰り返すふるえが起こるのはいつ

41 / 100

抗体を構成するタンパク質

42 / 100

呼吸運動、心臓の拍動などの中枢

43 / 100

交感神経の作用により、皮膚の血管はどうなるか

44 / 100

生物の体内に侵入して、病気を引き起こすものの総称

45 / 100

抗原と抗体が特異的に結合する反応

46 / 100

皮膚の血管が収縮するのはいつ

47 / 100

体性神経系と自律神経系からなら神経系

48 / 100

代謝を促進するホルモン

49 / 100

血液の細胞成分

50 / 100

甲状腺から放出されるホルモン

51 / 100

組織の細胞に直接触れている体液

52 / 100

涙や唾液に存在する酵素で、細菌の細胞壁を破壊する働きをもつ

53 / 100

腎臓の集合管での水の再吸収を促進するホルモン

54 / 100

ホルモンをつくって分泌することにより体の様々な機能の調節や制御を行うしくみ

55 / 100

自律神経系の調節中枢

56 / 100

心臓の拍動が促進され、血流量が増えるのはいつ

57 / 100

自己免疫疾患であるもの

58 / 100

効果が現れるまで、1週間以上かかる免疫

59 / 100

交感神経の作用により、胃のぜん動運動はどうなるか

60 / 100

血液の液体成分

61 / 100

グルコースが多数結合した物質

62 / 100

リンパ節でT細胞に抗原提示をする細胞

63 / 100

異なる抗原を時間をおいて2回に分けて注射したとき、2回目の注射後の抗体産生はどのように行われるか

64 / 100

血球は何からつくられるか

65 / 100

血液凝固の際、破れた血管にはじめに集まる血球

66 / 100

交感神経の作用により、立毛筋はどうなるか

67 / 100

抗体を産生する細胞

68 / 100

腸管から侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

69 / 100

皮膚や粘膜上皮に存在するタンパク質で、細菌の細胞膜を破壊する働きをもつ

70 / 100

血糖濃度の上昇を促進するホルモン

71 / 100

生物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向

72 / 100

食細胞であるもの

73 / 100

抗体が関与する獲得免疫

74 / 100

交感神経と副交感神経からなる神経系

75 / 100

血糖濃度が低下したときに分泌されるホルモン

76 / 100

免疫が十分に働かなくなる疾患

77 / 100

食事後に濃度が上昇するもの

78 / 100

血糖濃度の上昇を促進するホルモン

79 / 100

副甲状腺から放出されるホルモン

80 / 100

アドレナリンが分泌されるのはいつ

81 / 100

リンパ球であるもの

82 / 100

植物状態のときに機能が消失している部位

83 / 100

血液を試験管内に放置したときの血ぺい以外の部分

84 / 100

免疫記憶のしくみがある免疫

85 / 100

交感神経の作用により、瞳孔はどうなるか

86 / 100

脳死のときに機能が消失している部位

87 / 100

脳下垂体前葉から放出されるホルモン

88 / 100

体液中のナトリウムイオン濃度やカリウムイオン濃度の調節をするホルモン

89 / 100

交感神経と副交感神経はどのように働くか

90 / 100

Eは?

91 / 100

血液に侵入した病原体に対する免疫反応が主に起こる場所

92 / 100

体温が低下したときに働く神経

93 / 100

脳と脊髄からなる神経系