【生物】進化のしくみ|高校生物の重要語句/暗記用4択問題演習

スポンサーリンク

生物の「進化のしくみ」の分野の4択問題演習です。

テスト対策や入試対策にご活用ください

30問 演習モード

この分野の問題のすべてを演習できます。

/30

進化のしくみ(30問)

1 / 30

遺伝子を含むDNAのある領域が重複する現象

2 / 30

都市の工業化が進むことにより、そこに生息するガの体色が明るい色から黒っぽい色に変化する現象

3 / 30

攻撃や自衛などのため、体の色・形などを周囲の物や動植物に似せること

4 / 30

花によく似た形態の「ハナカマキリ」と関係が深いのは

5 / 30

種分化が生じたり、新たな生物群が生じたりする進化

6 / 30

交配可能な個体からなる集団中の遺伝子全体

7 / 30

遺伝的浮動の影響が大きいのは

8 / 30

世代を経るに従って、DNAの塩基配列やタンパク質のアミノ酸配列が変化する現象

9 / 30

長い距をもつ「ラン」とこのランの蜜のみを吸って生きる、長い口器をもつ「ガ」の間で最も起こりうること

10 / 30

オオシモフリエダシャクと関係が深いもの

11 / 30

ある条件を満たした集団において、対立遺伝子の遺伝子頻度は世代を経ても一定に保たれるという法則

12 / 30

同義置換が最も起こりやすいのは、コドンの何番目の塩基に突然変異が生じたときか

13 / 30

空間的に分断された集団で起こる種分化

14 / 30

集団が空間的に分断されること

15 / 30

生物集団の個体数が激減することにより遺伝的浮動が促進され、さらにその子孫が再び繁殖することにより、遺伝子頻度が元とは異なる遺伝的多様性の低い集団ができること

16 / 30

ある集団にいる個体のうち、少しでも有利な形質を持つ個体が生き残り、子孫を多く残すこと

17 / 30

遺伝子プールにおいて、ある1つの遺伝子座の対立遺伝子(アレル)の割合

18 / 30

自然選択の結果、環境に適応した形質をもつ集団に変化していくこと

19 / 30

同じ場所に存在しても交配できなくなる現象

20 / 30

地理的隔離を伴わない種分化

21 / 30

有利でも不利でもない変異が遺伝的浮動によって集団内に広まっていく現象

22 / 30

異なる種の生物同士が生存や繁殖に影響を及ぼしあいながら、互いの形質に適応進化が起こる現象

23 / 30

生殖的隔離が成立し、新たな種が生じること

24 / 30

異性をめぐる競争を通じて起きる進化

25 / 30

偶然によって集団の遺伝子頻度が変動する現象

26 / 30

種内の遺伝子頻度が別の割合に変化したり、それに伴って形質がわずかに変化したりすること

27 / 30

ある生物個体がその生涯で生んだ次世代の子のうち、繁殖年齢まで成長できた子の数

28 / 30

クジャクのオスの長い飾り羽と関係が深いのは

29 / 30

一般的に、分子進化の速度が大きくなるのは、どの配列に変化が生じたときか

30 / 30

毒を持たない生物が、毒を持つ生物の警戒色を用いて、捕食されないようにする現象と関係が深いのは

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

20問 演習モード

/20

進化のしくみ(20問)

1 / 20

攻撃や自衛などのため、体の色・形などを周囲の物や動植物に似せること

2 / 20

種内の遺伝子頻度が別の割合に変化したり、それに伴って形質がわずかに変化したりすること

3 / 20

長い距をもつ「ラン」とこのランの蜜のみを吸って生きる、長い口器をもつ「ガ」の間で最も起こりうること

4 / 20

都市の工業化が進むことにより、そこに生息するガの体色が明るい色から黒っぽい色に変化する現象

5 / 20

地理的隔離を伴わない種分化

6 / 20

種分化が生じたり、新たな生物群が生じたりする進化

7 / 20

世代を経るに従って、DNAの塩基配列やタンパク質のアミノ酸配列が変化する現象

8 / 20

集団が空間的に分断されること

9 / 20

オオシモフリエダシャクと関係が深いもの

10 / 20

ある生物個体がその生涯で生んだ次世代の子のうち、繁殖年齢まで成長できた子の数

11 / 20

クジャクのオスの長い飾り羽と関係が深いのは

12 / 20

異性をめぐる競争を通じて起きる進化

13 / 20

遺伝子プールにおいて、ある1つの遺伝子座の対立遺伝子(アレル)の割合

14 / 20

一般的に、分子進化の速度が大きくなるのは、どの配列に変化が生じたときか

15 / 20

遺伝的浮動の影響が大きいのは

16 / 20

生殖的隔離が成立し、新たな種が生じること

17 / 20

同じ場所に存在しても交配できなくなる現象

18 / 20

同義置換が最も起こりやすいのは、コドンの何番目の塩基に突然変異が生じたときか

19 / 20

遺伝子を含むDNAのある領域が重複する現象

20 / 20

ある条件を満たした集団において、対立遺伝子の遺伝子頻度は世代を経ても一定に保たれるという法則

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

スポンサーリンク

10問 演習モード

時間がないときにおすすめです。

/10

進化のしくみ(10問)

1 / 10

異なる種の生物同士が生存や繁殖に影響を及ぼしあいながら、互いの形質に適応進化が起こる現象

2 / 10

遺伝的浮動の影響が大きいのは

3 / 10

生殖的隔離が成立し、新たな種が生じること

4 / 10

同じ場所に存在しても交配できなくなる現象

5 / 10

生物集団の個体数が激減することにより遺伝的浮動が促進され、さらにその子孫が再び繁殖することにより、遺伝子頻度が元とは異なる遺伝的多様性の低い集団ができること

6 / 10

偶然によって集団の遺伝子頻度が変動する現象

7 / 10

同義置換が最も起こりやすいのは、コドンの何番目の塩基に突然変異が生じたときか

8 / 10

交配可能な個体からなる集団中の遺伝子全体

9 / 10

毒を持たない生物が、毒を持つ生物の警戒色を用いて、捕食されないようにする現象と関係が深いのは

10 / 10

有利でも不利でもない変異が遺伝的浮動によって集団内に広まっていく現象

Your score is

0%

分野の一覧へ戻る

中間テストや期末テストの対策にご活用ください。

この分野の重要語句一覧

遺伝子プール 遺伝子頻度 ハーディー・ワインベルグの法則 遺伝的浮動 自然選択 中立進化 びん首効果 ボトルネック効果 適応進化 適応度 工業暗化 オオシモフリエダシャク 性選択 擬態 共進化 分子進化 遺伝子重複 隔離 地理的隔離 生殖的隔離 種分化 異所的種分化 同所的種分化 小進化 大進化 など

参考文献

【理科編 理数編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説
 (https://www.mext.go.jp/content/20211102-mxt_kyoiku02-100002620_06.pdf

高等学校の生物教育における重要語句の選定について(改訂)
https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-h190708.pdf