キングパワーフードコート|アクセス・利用方法・メニュー・値段など【タイ料理】

グルメ
スポンサーリンク

タイ旅行に行ってきました。

バンコクの免税店ショッピングモールのキングパワーのフードコートでご飯を食べました

キングパワーのフードコートのアクセス・利用方法メニュー&値段について紹介します。

この記事はこんな人にオススメです。

  • タイ旅行に行く予定の人
  • 海外旅行先を迷っている人
  • 海外旅行に興味がある人

キングパワーフードコート|アクセス・利用方法・メニュー・値段など【タイ料理】

  • アクセス
  • 利用方法
  • メニュー

以上の内容を紹介します。

私がタイ旅行で実際に行った場所を下記の記事でまとめています。

タイ旅行を考えている人には、参考になると思います。

アクセス

キングパワーは、BTSビクトリーモニュメント駅の近くにあります。

フードコートは3階です。

利用方法

日本のフードコートと利用方法が異なる点2点紹介します。

支払い方法」と「食器の返却」についてです。

支払い方法

日本のフードコートとは異なる1つ目の点は支払い方法についてです。

プリペイドカードが必要です。

プリペイドカードはフードコート内すべての店舗で利用できます。

逆に、プリペイドカードがないと購入できません

残額は返金されるので、食後に返金手続きをするのを忘れないようにしましょう。

プリペイドカードの「購入・チャージ・返金」は、専用のカウンターでできます。

食器の返却

日本のフードコートとは異なる2つ目の点は食器の返却についてです。

食器を店舗に返却する必要がありません

係の人がワゴンで回収してくれるので、テーブルに残したまま席を離れれば大丈夫です。

スポンサーリンク

メニュー

  • 煮込みポークナックル
  • チャーシューラーメン
  • 卵麺スープ
  • チャーハンヌードル
  • フレッシュココナッツ

キングパワーのフードコートで食べた5つのメニューを紹介します。

細かいところは忘れてしまったので、写真・感想・値段をざっくりと紹介します。

MBKのフードコートと比較しながら見ると面白いかもしれません。

煮込みポークナックル

煮込みポークナックル(Stewed Pork Knuckle)です。

大きな鍋で煮込まれたお肉や卵が美味しかったです。

一番美味しい料理でした。

煮込み汁がご飯にかけられています。

値段は80バーツでした。

チャーシューラーメン

チャーシューラーメン(Chashu Ramen)です。

ラーメンに乗っているチャーシューが美味しかったです。

麺は、日本のラーメンに比べるとあんまりでしたが、許容範囲内でした。

値段は150バーツでした。他の料理と比べると少し高めです。

卵麺スープ

卵麺スープ(Egg Noodles Soup)です。

豚骨ラーメンのような味でした。

スープの下にはきちんと麺がありました。

値段は70バーツでした。安いですね。

チャーハンヌードル

チャーハンヌードル(Fried Rice Noodles)です。

油が少し多めでしたが美味しかったです。

値段は90バーツでした。

フレッシュココナッツ

フレッシュココナッツ(Fresh Coconut)です。

ココナッツに包丁を入れ、ストローを刺しただけの、100%天然ジュースです。

店員さんが豪快に包丁を入れていく姿がすごかったです。

生のココナッツジュースを飲める貴重な経験でした。

値段は59バーツでした。

まとめ

  • アクセス(キングパワー3階)
  • 利用方法(プリペイドカード)
  • メニュー(5つ)

今回は以上の内容を紹介しました。

免税店ということもあり、海外の人にも親しみやすい味付けなのかなと感じました。

MBKのフードコートよりクセがなく、食べやすかったです。

旅行費用の中でも食費は節約ができる部分です。

フードコートは安くタイ料理を食べられるのでオススメです。

ショッピングのついでにフードコートでランチを食べ、浮いたお金で豪華ディナーに行くのはどうでしょうか??

コメント