【デート・女子会向け】800 DEGREES pizzeria~新宿でピザをカスタマイズ

グルメ
スポンサーリンク

先日、ピザを自分で自分でカスタマイズできる店「800 DEGREES neapolitan pizzeria」のNEWoMan SHINJUKU店に行ってきました!

生地やベース、トッピングなど様々なものを自分なりにカスタマイズできます。

その組み合わせは無限大!自分だけのオリジナルピザを作って食べてみませんか??

どんなお店?

2012年にアメリカでオープンした、日本にはまだ3店舗しかないお店です!


本格的な味をカウンターサービスでカジュアルに楽しめる新しいスタイルを提案します。
お好みに合わせて、約40種以上ある具材からトッピングが選べ、華氏800度で保たれた薪窯で、約90秒間で焼き上げられる本格ナポリピッツァをお楽しみいただけます。

800 DEGREES neapolitan pizzeriaのHPより引用(http://800degreespizza.jp/about/#mission)

こんな人におすすめの店

ピザが好き!!

恋人や友人と楽しみながらオリジナルのピザを作りたい!

今までに食べてことがないオリジナルピザを食べたい!

ピザを食べたいけど長時間待つのは嫌だ!

アクセス

800 DEGREES neapolitan pizzeriaのNEWoMan SHINJUKU店 は、JR新宿駅甲州街道改札から直結で行くことができます。

雨の日でも濡れることはありません!

注文までの流れ

席に着くとメニューを受け取り、どんなピザをカスタマイズしようか考えます。

具体的には、「生地・ベース・トッピング」をそれぞれ好きなものにカスタマイズしていきます。

ある程度決まったら、セルフオーダー式なので席を離れ注文しに行きます。

店員さんに注文しながらカスタマイズのアドバイスももらえるので、席で決めるのはざっくりで大丈夫です。

決めきれない人はおすすめの組み合わせがメニューに載っているのでそれをいただくのもありです!

生地

生地は「オリジナルナポリタン」と「グルテングリー」の2種類があります。どちらの生地も毎日お店で手作りしています。

初めての方には 外はカリッと中はもっちりの「オリジナルナポリタン」 がおすすめです。

私も生地は 「オリジナルナポリタン」にしました。

ベースピッツァ

生地の次はベースピッツァです。ベースピッツァは「マルゲリータ」「ビアンカ」「マリナーラ」「ヴェルデ」「クレマ」の5種類から選ぶことができます。

自分の好みに合わせてベースを決めていきますが、どうしても迷って決まられない人には「マルゲリータ」がおすすめです。

実際、マルゲリータを注文している人が多く、私もベースは「マルゲリータ」にしました。

スポンサーリンク

トッピング

生地とベースを選んだ後はトッピングです。トッピングは約40種類の中から選ぶことができます。

メニューだけではなく、実際の物を見て店員さんにアドバイスを聞きながら決めるのがおすすめです。

私は、チーズすきにおすすめ「カマンベールチーズ」、腸詰めしていないソーセージの「自家製サルシッチャ」、緑野菜で健康に見た目もおいしく「プチヴェールと赤くるみ」の3つをトッピングしました。

スポンサーリンク

お会計

ピザのカスタマイズが終わるとお会計です。

先にお会計が済んでいると、お会計を気にせずゆっくりと食事ができるのでいいですよね。

私のカスタマイズピザでは、上の値段になりました。

ピザの焼き上げ

カスタマイズしたピザは上の写真の薪窯で、約90秒間で焼き上げられ完成します。

長時間待たずに食べられるのがいいですね。

実食

お会計が終わるとすぐにピザが焼き上がりさっそくいただきます!

マルゲリータはトマトソースの味が濃く満足!トマト嫌いの自分でもおいしく食べれます。

トッピングした「カマンベール」もどろっと溶けておいしい!

「自家製サルシッチャ」と「プチヴェールと赤くるみ」もしっかり味がついていて相性抜群です。

気づいたらあっという間に1枚食べきってしまいました

2人で2枚のピザをカスタマイズしてシェアしたり、サラダ・フリット・ソーセージなどのサイドメニューを注文するのもありです!

まとめ

なによりも自分でトッピングとかを選んで自分だけのピザを作るのが楽しい!!

アクセスもしやすいし、店内にスムーズには入れれば長時間待つこともなくとてもおすすめのお店です。

また来店して他のトッピングやサイドメニューも試してみたいです。

あなたも恋人や友人とオリジナルのピザを作ってみませんか??

グルメ
スポンサーリンク
この記事をシェアする
#「生きる」の雑学のTwitter・Instagramをフォローする
「生きる」の雑学

コメント