【自炊】超簡単で健康的!ブロッコリーとほうれん草の野菜炒め

クッキング
スポンサーリンク

超簡単で健康的な自炊「ブロッコリーとほうれん草の野菜炒め」を作りました。

材料・作り方・健康ポイントを紹介します。

この記事はこんな人におすすめです。

  • 楽して自炊がしたい人
  • 健康になりたい人

材料

  • にんじん・・・1/2個
  • ブロッコリー・・・1/2個
  • ほうれん草・・・1袋
  • ・・・2個
  • オリーブオイル・・・適量
  • ・・・適量

作り方

step1 野菜を一口大に切る

にんじんブロッコリーほうれん草をよく洗う。

ほうれん草の根を切り10分間水につける(健康ポイント)。

にんじんブロッコリーほうれん草を一口大に切る。

step2 野菜をレンジで加熱する

にんじんブロッコリーをレンジ(500W)で4分間加熱する(健康ポイント)。

step3 野菜を炒める

にんじんブロッコリーをフライパンに入れ、オリーブオイルで炒める(健康ポイント)。

step4 ほうれん草を加えて炒める

にんじんブロッコリーを少し炒めたら、ほうれん草を加えて炒める。

step5 卵を加えて炒める

を加えて炒める。

スポンサーリンク

step6 味付け

が混ざったら、塩で味付けする。

step7 盛り付ける

皿に盛り付ける。

健康ポイント

今回の料理の健康ポイントを紹介します。

メンタリストDaiGoさんの動画や超健康法最強の健康法などを参考にしています。

ほうれん草、にんじん

1日に150g〜450gのほうれん草にんじんを取ると、脳が若返るそうです。

スーパーのほうれん草1袋が100g程度らしいので、毎日1~2袋が目安です。

ほうれん草満腹感を与える腸内環境を整えるなどの効果もあるそうです。

ブロッコリー

ブロッコリーは、ファイトケミカルが豊富で死亡率が下がる食品の代表格です。

他にも、脳の働きを活性化させ、アンチエイジングになり、腸内環境を整える効果もあるそうです。

ほうれん草を水につける

ほうれん草にはシュウ酸が含まれています。

シュウ酸は、腎臓や尿管に負担をかけたり、歯がキシキシしたりするなどのデメリットがあります。

シュウ酸は、根に集中している水溶性の物質だそうです。

根元を切って水につけておくことで、シュウ酸を流出させることができます

にんじん・ブロッコリーを茹でずにレンジ

ビタミンCやスルフォラファンは水溶性の物質です。

茹でるとこれらの物質が流出してしまいます。

レンジで加熱したり蒸したりすることでビタミンCやスルフォラファンの流出を防ぎます

オリーブオイルで炒める

βカロテンやビタミンEは脂溶性の物質です。

つまり、油と一緒に取ると体内への吸収率が高まります

オリーブオイルには、血中の悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

参考文献

スーパーとコンビニで11歳若返る方法

コメント